• ホーム
  • HIVに感染してしまう原因と対処法について

HIVに感染してしまう原因と対処法について

HIVとはヒト免疫不全ウイルスの略称で、これに感染することによって体を病気などから守ってくれる免疫細胞が徐々に減っていきます。
このため普段では免疫細胞により防止されていたような様々な病気を発症してしまうようになり、この状態をエイズといいます。
そのHIVに感染する原因はいくつかありますが、そもそもこのウイルスは通常の環境ではとても弱いウイルスで空気感染や単なる接触では感染しません。
それに人に感染しているHIVは血液・精液・膣分泌液・母乳などに多く分泌され、唾液・尿・涙といった体液には他の人にうつせる量が分泌されていないため、普通に日常生活を送っているとHIVウイルスがうつることはないです。
そのため原因として挙げられるのは性行為感染・血液感染・母体感染の3つとなります。

HIVは性行為感染が一番多いです。
女性は膣の粘液から、男性は亀頭部分の粘膜から精液や膣分泌液によりウイルスが体に侵入します。

また肛門を使った性交は膣を使って行う性交よりリスクが高いです。
血液感染は輸血や注射器の共用などが原因とされ、感染者の血液が他の人の血液中に流れることで成立し、注射の回し打ちはC型肝炎のリスクも高いためとても危険です。
現在では輸血される献血血液は厳格なHIV検査を行っているため血液感染のリスクはとても低くなっています。

母体感染は、出産時の産道・母乳によるもの・胎内でのものが挙げられます。
これらは母親がHIVを保持してしまっていることから起こりうることです。

これらの感染を防ぐ対処法は、性行為においては必ずコンドームを使用することを心がけ、血液などが粘液に触れないようにする。
母体感染に関しては様々な防止策が病院で受けることができます。
またHIVは潜伏期間があり数年から10年以上続くこともありますが、この時期にもHIVは他の人に感染するので他人の血液や精液などのHIVが多く分泌されている体液に触るときには最大限の注意を払いましょう。

HIVに感染した際の対処法

HIVは基本的には一度感染してしまうと、現代の医学では完治はできない病気となっています。
かつては不治の病と恐れられていましたが、今では治療薬を服用することにより、体内でのHIVウイルスの増殖を抑えて進行をかなり緩やかにし、健常者とかわらない生活を送ることができるようになっています。
現在は抗HIV薬による投薬治療のみで生活することができるので、患者への経済的負担はかなり少なくなりました。
しかしより長く健康的な日常生活を送るための対処法には、早期発見が何より重要であると言えるでしょう。

エイズの発症により感染を初めて知る人の割合は感染者の約3割を占めています。
このように発症まで一切の治療を行っていない場合、その予後は長くて3年程と言われています。
エイズ発症前の潜伏期間中にHIV感染を知ることができれば、定期的に病院や医療機関で診察や検査を受診することにより、最適な治療を受けることができ、発症してから治療を開始する人に比べて圧倒的に健康寿命が増えます。

しかし感染からあまりに早すぎる時期に検査を行うと、ウインドウ期という感染していても陰性と判断されてしまう時期もあります。
そのため、感染の疑いがある期間から少なくとも4週間は期間をあけて受診する必要があります。
この早期発見が最重要事項となるHIVですが、感染しているかどうかは保健所で調べることが可能です。

また全国の保健所のほとんどで、無料で原則匿名で検査を受けることができるため、安心して受診することができます。
かつては避妊具なしの性行為による性行為感染で広まったという印象が強く、検査を受けることそのものが恥ずかしいと感じる世代の方もいるかと思われます。
しかし、感染の原因には輸血による血液感染が圧倒的に多く、母親由来の母体感染もあります。
少しでも可能性がある場合には、自分のパートナーや献血機関、子供のためにも早めの検査がおすすめです。

関連記事