• ホーム
  • 性病検査は匿名希望でできるのをしていますか?

性病検査は匿名希望でできるのをしていますか?

男女に限らず陰部に痒みや痛み、違和感がある場合は性病が疑われるため性病検査をする事が望ましいです。
それを気にしないで放っておくと周りに感染者を増やしてしまう恐れがありますので症状を感じたら早めの処置が望まれます。
しかし実際に性病検査を受けるとなると恥ずかしいと思われる方がいらっしゃるのも事実で対応が後手に回ってしまいがちです。
治療はさすがに医師にかかり適切な処置をしてもらわなければなりませんが検査だけであれば検査キットをネット注文して説明書きに従い検査をします。
自宅でやるとなると対応方法が難しくて結局断念してしまうのを想像するかもしれませんが、検査方法は至って簡単なため全く心配は不要です。

きちんとした性病検査キットを使用してほとんどのものが図解入りでその説明通りに進めるだけです。
もちろん図解は男女別になっていて分かりやすいものです。
検査キットにもいろいろあり、とある症状に特化したものや、梅毒やその他代表的な性病の感染が分かるものまで様々です。
金額は検査費込みで2万円弱のものが多く、中にはローコストで簡易的なものや男女ペアキットもありますので深刻度によって選択が可能です。

検査が終わったらそれを郵送し、それを民間機関で検査してくれます。
検査は365日無休で実施しているところが多く結果が出たら一早くその結果を通知して患者の不安を解消するように努めてくれますし、もちろん匿名希望で対応してくれます。
その民間機関も登録衛生検査所として認可されているものです。

また陽性だった場合は全国各地にある趣旨を理解している婦人科や性病を見てくれる科を中心とした協力医療機関が拡大しており、医者に行って再度検査するという事を避けられるのも嬉しいポイントです。
性病は遠い存在のように感じますが割と自分の周りにも潜んでいる危険性がありますし、ここ数年で自宅で性病検査をする方法は一般的になってきつつありますので気になったら早めに先手の処置が望まれます。

性病検査キットはネット注文できる

性病検査を考えた際に、通常、多くの人が思いつく先として医療機関があります。
他に保健所でも受けることができますが対象としては医療機関を考える場合が多く、この場合、どうしても恥ずかしいという感情が先にたちます。
性病検査キットは誰にも知られずに検査を受けることができ、購入に関してもサポートや問合せの対応が受けれるなど、安心して利用することができます。

キット利用の最大のメリットは、周りに知られることを気にしないで性病検査を受けることができる点で、匿名でも郵送でも結果を知ることが可能です。
商品はネット注文で購入でき、受け取りは商品発送・商品到着・受取の流れで、通常、郵便局留め(10日間)と運送会社センター止め置き(7日間)の2つが用意されています。
ただし、検査結果の確認に関して報告書郵送を希望する場合には匿名を使うことはできません。
匿名希望で結果を知りたい場合にはメールか電話を利用することになり、申込段階で検査依頼書に記入をすることになります。
キットによる検査方法では許可を受けた登録衛生検査所で実施されます。

現在、大規模病院をはじめとする医療機関の多くは検査項目に関して外部の検査施設に委託をしており、ここでの委託先が衛生検査所です。
衛生検査所は民間機関であり、臨床検査に関する法律で定められた施設基準や検査体制を満たす施設が該当します。
許認可は各都道府県知事によって行われ、平成25年時点では890施設が設けられており、そのうちの390施設が一般社団法人日本衛生検査所協会に加盟しています。
性病検査キットは付属の説明書に従って検査体を採取し、付属の返信用封筒に入れ投函をするだけでよく、簡単に行うことができます。
結果は検査項目によるものの最短では2日以内としている販売先が多く、急ぐ場合にはメールや電話でも確認をすることが可能です。

関連記事