• ホーム
  • 性病感染で厄介な淋病の治療法について

性病感染で厄介な淋病の治療法について

淋病は淋菌によって引き起こされる性感染症の1つです。
主な症状には男性では尿道炎、女性では子宮頸管炎があり、頻度の高い性感染症としても知られてます。
淋病の厄介な点は感染力の強さに加え、女性の場合には自覚症状が出にくいことがあります。
主な感染経路としては性的感染と産道感染があり、代表的に男性の尿道の場合は感染後2~7日の潜伏期間を経て発症となります。

淋病の検査は医療機関や保険所、郵送検査で行うことができ、主に、グラム染色・鏡検法、淋菌培養法、核酸増幅法(遺伝子検査)が用いられます。
治療法には抗生物質の投与と経口薬があり、中でも最も多く行われているのが注射による投与です。
治療は基本的に注射薬を1回打つだけで完了し、腕への静脈注射か臀部への筋肉注射のどちらかになります。

現在、主に使われている抗生物質は静脈注射ではセフトリアキソン、筋肉注射(臀部)ではスペチクノマイシンがあり、この2種類は高い効果が望める上に保険が適用されるメリットがあります。
まず、セフトリアキソンは1回の投与で性器周辺の淋病だけでなく、同時に喉に感染する咽頭淋病の治療も行うことができ、腕への静脈注射の他に点滴による投与も行われます。

スペチクノマイシンは、アレルギーなどでセフトリアキソンが使えない場合に用いられています。
ただし、咽頭淋病に対しては確実な効果が望めないため、治療においてはジスロマックなどの経口薬が併用されます。
また、腕への静脈注射とは異なり、注射時に強い痛みが伴います。

経口薬による治療では、ジスロマックが代表的な抗生物質になります。
セフトリアキソンやスペチクノマイシンにアレルギーがある場合に使用されることが多く、注射による投与と異なり第1選択薬にはならないものの淋菌に対して高い効果があることが確認されています。

淋病は、感染が進行し症状が悪化してしまった場合には治療期間が延びることになります。
具体的な例を挙げれば、淋菌性精巣上体炎では重症度によりセフトリアキソンを1~7日間毎日1回投与、淋菌性骨盤内炎症性疾患も同様になり、播種性淋菌感染症ではセフトリアキソンを3~7日間毎日1回投与することになります。
因みに、播種性淋菌感染症は血管を通して全身に淋菌が拡がってしまう重篤な症状を指します。

淋病の感染経路と潜伏期間

淋病の感染経路は主として性的な接触により感染します。
淋菌が粘膜に存在しており粘膜同士の接触により感染していきます。
性病として考えた場合にその感染率は最低でも30%程度とされており、かなり高い感染率があるという点に注意が必要です。

具体的な感染経路ですが、まずセックスです。
コンドームを付けないセックスをすると粘膜同士の接触が多くなるため感染していきます。
さらに同じ粘膜同士の接触があるという点ではアナルセックスでも感染していきます。
また淋菌は喉に潜伏していることもあるのでオーラルセックスでも感染するリスクがあります。

例えば淋病に感染している女性がフェラチオをした場合などにはその喉の粘膜にある淋菌がペニスの粘膜と接触することにより男性側が淋菌に感染するという事態が生じうるので注意が必要です。
喉に淋菌がいるという点ではディープキスをすることによって、淋病に感染するリスクというものがあります。

感染力が強い淋病ですが、潜伏期間は感染してから2日から7日程度で発症するものであることから、男性は尿道炎の症状が出るものの女性は自覚症状が出にくいことから感染後治療する前に感染させてしまう病気といえます。
淋病はセフトリアキソンやスペチクノマイシンといった抗生物質を投与することで治療可能です。
これらはいずれも注射薬であり1回注射することで治療可能なので自覚症状が感じられた場合にはただちに治療するというのが現実的な対応ということになります。
さらに咽頭の治療に加えて病院に行く時間がない等の事情がある場合にはジスロマックという経口治療薬を活用して治療することも可能ですが、治療効果を見極めるためには受診するのが適切でしょう。

関連記事